ゲシュタルト療法は人生全体を包括的に見、人を深く全体的に理解しようとする | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ゲシュタルト療法は人生全体を包括的に見、人を深く全体的に理解しようとする

ゲシュタルト療法 心理学

■ゲシュタルト療法は「今」「ここに」に生きることに焦点をあてる

ゲシュタルト療法のスタートはドイツ生まれのユダヤ人、アメリカで活躍した精神科医F・Sパールズ1951年に著した「ゲシュタルト療法」の発刊を持ってスタートしました。

ゲシュタルト療法でめざす理想は、「今を生きる」「ここを生きる]「実際体験する」「喜怒哀楽を表すことをためらわない」ことで、そこから「気づき」を得ることにより、人生の可能性を広げていく心理療法です。
ゲシュタルトとは、ドイツ語で「かたち」「全体性」を意味します。自分の日々の生活や、人生全体を包括的に見、人を深く全体的に理解しようとするのが特徴です。





関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。