交流分析は自分自身・他者との関係に焦点をあてた理論 | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

交流分析は自分自身・他者との関係に焦点をあてた理論

交流分析 心理学

交流分析はアメリカのエリック・バーン博士によって1950年代に提唱された理論で、自分自身・他者との関係に焦点をあてた理論です。TA(Transactional Analysis)と呼ばれています。

人間関係の改善や、効果的リーダーシップの醸成など、人生を豊かに生きることを目的としています。日本には1970年代に紹介され、研究も多くなされ、広く普及しています。エリック・バーン博士はフロイトの流れをくむ精神分析医です。

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。