人間関係の達人になる秘訣が隠されている「北風と太陽」 | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

人間関係の達人になる秘訣が隠されている「北風と太陽」

北風と太陽



「北風と太陽」という寓話があります。

北風さんと太陽さんが、どちらが先に旅人の上着を脱がすことが出来るかを競う、有名なイソップ寓話です。

単純な話ですが、簡潔に人間心理を表し、人間関係の達人になる秘訣が隠されています。

ご一緒に考えてみましょう。

 
北風と太陽が、どちらが強いかで言い争っていました。
 
議論ばかりしていても決まらないので、それでは力だめしをして旅人の着物を脱がせた方が勝ちと決めようという事になりました。

北風が、始めにやりました。
北風は思いきり強く、「ビューッ!」と、吹きつけました。

旅人は震えあがって、着物をしっかり押さえました。
そこで北風は、一段と力を入れて、「ビュビューッ!」と、吹きつけました。

すると旅人は、
「うーっ、寒い。これはたまらん。もう1枚着よう」
と、今まで着ていた着物の上に、もう1枚重ねて着てしまいました。

北風は、がっかりして、「きみにまかせるよ」と、太陽に言いました。

太陽はまず始めに、ポカポカと暖かく照らしました。

そして、旅人がさっき1枚よけいに着た上着を脱ぐのを見ると、今度はもっと暑い強い日差しを送りました。
 
ジリジリと照りつける暑さに、旅人はたまらなくなって着物を全部脱ぎ捨てると、近くの川へ水浴びに行きまし た。

北風さんは、風力でもって強引に剥ごうとしたのですが、旅人は、上着を飛ばされまいと、しっかりと掴むこと となり、失敗に終わりました。

太陽さんは、ポカポカと照りつけて暑くすることで、旅人は自ら上着を脱ぐことになり、太陽さんの勝ちとなっ たのです。


この話は、私たちに人間関係の様々な面を教えています。

人に何かをしてもらうには、北風の様に無理やりではうまくいきません。
太陽の様に相手の気持ちになって考えれば、無理をしなくても人はちゃんと動いてくれます。

人にモノをお願いするとき、こちらが強硬な態度で接すると、相手は必要以上に拒否反応を示します。

しかし、尊敬の心を持って、あたたかく接すると、人は心を開き良い関係を持つことができます。

太陽のように、ポカポカと温かい気持ちでアプローチしていく時、あなたの人生に広がりが生まれ多くの実りを体験するでしょう。
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。