教育現場、職場、カウンセリングの現場で現れているピグマリオン効果 | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

教育現場、職場、カウンセリングの現場で現れているピグマリオン効果

ピグマリオン効果 心理学

■「期待」することの効果を測定しようとしたローゼンタール

期待をされた人ほどその通りの成果を出せる。これを「ピグマリオン効果 」といいます。

これは、1960年代、ドイツ生まれでアメリカの教育心理学者ローゼンタールRobert Rosenthal(1933― )が説いた説です。

ローゼンタールは大学での心理学の実験で、学生たちにネズミを使った迷路実験をさせるのに、ネズミを渡す際に、「これはよく訓練された利巧な系統のネズミと言って渡し」別の学生たちには「これはまったくのろまなネズミ」と言って渡しました。

するとその二つのグループの間で実験結果に違いが現れました。

「利巧なネズミ」と言って渡された学生たちは、ネズミを丁寧に扱い、後者の「のろまなネズミ」と言って渡された学生たちは非常にぞんざいに扱い、その両者のネズミへの期待度の違いが実験結果に反映されたものとローゼンタールは考えました。

これは教師と学生の間でもありうるのではないかと考えました。

ローゼンタールは、ある学校の小学生に知能テストを行い、そのなかから無作為に数名の生徒を選んで、「この子たちが伸びる」と偽りの情報を教師に伝えました。

それを信じた教師が、その子たちを期待をこめて指導したところ、本当にぐんぐん成績が伸びていったといいます。

■ピグマリオンは、ギリシャ神話の登場人物

ピグマリオンは、ギリシャ神話の登場人物、キプロスの王の名です。ピグマリオンは、自分で創作した彫像の女性を愛してしまい、妻にしたいと熱心に願っていました。

すると、その熱心さを見た愛と美の女神アフロディテが、人形を本物の女性に変え、王の夢を実現させてくれたという寓話があります。

ピグマリオン効果の名前の由来はここからきました。

ピグマリオン効果については、人間は期待された通りに成果を出す傾向があるということです。

実際の教育現場、職場、カウンセリングの場でも、こうしたピグマリオン効果は多くあると言われています。

■可能性が奪われる「ゴーレム効果」  

反対に、期待されないで「お前はダメだ」と言われ続けていると、その言葉通りに成績が下がったり、能力が落ちてしまうことがあります。これは「ゴーレム効果」と呼ばれています。

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。