ポジティブ心理学は病理だけでなく、強みと徳性にも焦点をあてている | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

ポジティブ心理学は病理だけでなく、強みと徳性にも焦点をあてている

ポジティブ心理学 人間性心

■ポジティブ心理学は、多くの焦点を人の強みにあてている

ポジティブ心理学は元アメリカ心理学会会長のマーチン・セリグマンが1998年に提唱しました。

今まで心理学は、治療することだけにに専念し、病状のみに注目するだけで、普通に人々が充実した個人や繁栄する社会のあり方には目を向けていませんでした。

ポジティブ心理学の目的は、心理学の主眼を、人生における最悪のことを修復することにのみ執着することから、ポジティブな質の構築へと変えていくための触媒になり始めることであるとし、人の強みに多くの焦点をあてています。

■国家的に導入している国も

すでに国家プロジェクトとしてポジティブ心理学を導入している国もあり大きな潮流となっています。さらにポジティブ心理学は病理や弱さやダメージに関する研究だけではなく、強みと徳性の研究であるとしています。

セリグマンは人を幸福にするものが3つあると言っています。第一に「楽しみのある人生」、第二に「充実した生活」、第三に「意味ある人生」と言っています。そしてエンターテイメント、デザイン、テクノロジー、は人を幸福にするのに貢献すると言っています。



■尾崎真奈美のポジティブ心理学への思い



■うつ病に対するポジティブ心理学

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。