潜在意識の活用方法を分りやすく確立し、驚異的実績を上げたエミール・クーエ | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

潜在意識の活用方法を分りやすく確立し、驚異的実績を上げたエミール・クーエ

エミール・クーエ深層心理学

■ジョセフ・マーフィーに多大な影響を与えたクーエ



■意志の力より想像力(暗示)の力の方が強い

エミール・クーエEmile Coué 1857年~1926年は、フランスで活動した潜在意識を活用した自己暗示法(クーエ・メソッド)の創始者です。

潜在意識は、顕在意識とは異なり、自覚はできないが、その大きさや秘めた力は顕在意識とは比較にならないほど大きなものです。

潜在意識はフロイトが発見したとされています。しかし、潜在意識について、その活用方法を、分りやすく確立し、驚異的実績を上げたのは、フランスのエミール・クーエです。

■クーエは薬剤師であった

クーエは医者ではなく、薬剤師でしたが、薬の効き目が、患者の精神状態の影響を強く受けることに気付き、心理学の研究をし、暗示療法を完成しました。

クーエはクリニックを開き、数多くの難病患者を奇跡のように回復させました。医者に見離された患者達が短期間に完治することも多くありました。そして、クーエはこれら治療の報酬を一切受け取りませんでした。

■あまりに簡単で絶大な効果

彼はこの方法を分りやすい形にまとめ完成し、すぐに発表しました。それは、あまりに簡単で、「今日」今からでもすぐ使えるものでした。しかし、その効果は絶大でした。クーエ自身もそれを保証しています。

研究の結果、次の暗示を繰り返し唱えることをすすめました。

「日々に、あらゆる面で、私はますます良くなってゆきます」
 “Day by day, in every way, I’m getting better and better.”



ジョセフ・マーフィー、ノーマン・ヴィンセント・ピール、クレメンス・ストーンなども影響を受けていると言われています。

■クーエの最もやさしい潜在意識の活用
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2013/02/02 | 夢のマニュアル |

とてつもない変性意識を実現する方法PDF版

苫米地英人博士を知っていますか? 今、科学的な潜在意識による自己啓発の研究者と...

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。