「ミスター催眠」と称された20世紀最大の催眠療法家ミルトン・エリクソン | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

「ミスター催眠」と称された20世紀最大の催眠療法家ミルトン・エリクソン

ミルトン・エリクソン深層心

ミルトン・エリクソンMilton H〔yland〕 Erickson
1901年~1980年は、催眠療法家として知られる精神科医で心理学者です。 彼はアメリカ臨床催眠学会の創始者で、初代会長も勤めました。20世紀最大の催眠療法家と評され、 彼以前と彼以後とでは、心理療法のあり方が全く変わってしまったと 位置づける人もいます。

エリクソンは18歳で当時の催眠の大家クラーク・ハルに出会い、 それ以後60年にわたって催眠の研鑽に励み、催眠のイメージを 近代的な色彩に塗り替えました。

また臨床医として、独自の催眠理論を駆使し、 それまでのカウンセリングの手法では完治しなかった重篤の患者を 短期間で改善に導き「ミスター催眠」と全米で愛称されるほどの実績を築きました。
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。