2013年02月 | 心理学を学ぶ|日刊サイコロジー

サイコロジー/心理学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ/

徹底的行動主義の立場を取ったスキナー。 教育現場に貢献

スキナー




■オペラント行動を研究

バラス・フレデリック・スキナー Burrhus Frederic Skinner 1904年 ~1990年はアメリカ合衆国の心理学者で行動分析学の創始者です。20世紀の心理学者の中では、大きな影響力を与えた一人で、徹底的行動主義(radical behaviorism)の立場をとりました。

スキナー箱を提案して、オペラント行動(道具を使用する学習づけ)を研究しました。この研究で得た原理を応用したのがティーチング・マシンとプログラム学習であり、教育現場へ大きく貢献しました。

記事の続きを読む ≫

スポンサーサイト
| HOME |

人気記事

最新記事

やすらぎの映像と音楽

カテゴリ

深層心理学系 (5)
行動理論系 (7)
人間性心理学系 (6)
その他心理学と療法 (6)
人生の処方箋 (5)
未分類 (3)

月別アーカイブ

プロフィール

psychologia

Author:psychologia
自分らしく生きたいと願っている方のために、心理学を学ぶブログ「日刊サイコロジー」を始めました。心のメカニズムを知り、自分の心の動きがわかると、他の人を理解しやすくなり、良好なコミュニケーションが生まれます。人生の処方箋記事も書いています。Kawai

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。